施工事例・・・「白河手打中華そば 一番・胤暢番」さん(テナントリフォーム)

白川手打中華そば 一番・胤暢番さん 町田にて新装開店!

ラーメン職人金原さんが、本物手打ち麺にこだわった 「くつろぎと潤いのある店」

福島県白河の「とら食堂」との出会いから幾年。
小田急線「梅ヶ丘」で人気を集めて来た「一番・胤暢番(いちばん)」が、町田にお引っ越し。
こだわりの中華そばをこだわりの空間で食べて頂きたい!と店舗改修工事を承りました。

金原さんが長い年月をかけて日本中のラーメン屋を食べ歩き、探し求めてやっと見つけたのは御存じ「とら食堂」。
人生をかけて修行したのは本当に手のかかる手打ち麺でした・・・
小麦粉にかん水を加え、手でこね、しばらく寝かせ、足で踏みコシを出す。
竹竿でのばしては麺棒で巻き取る作業を14~15回も繰り返す・・・・。これぞまさに体を張った手打ち麺。
ここまでこだわるから1日150食しか作れないのです。

そして、命のスープ。厳しい「とら食堂」での修行でスープにもこだわるのも当たり前!
試行錯誤してたどりついたのは、鶏ガラ、ゲンコツ、背ガラにネギの青い部分、タマネギ、昆布を加えて
6、7時間煮出したスープ。
焼豚も炭火でいぶり、タレで煮込んだ本物の味。
麺が何くなり次第、その日の営業は終わりです。まさに早い者勝ち!

どうぞ皆様、御賞味ください。

 一見ラーメン屋さんには見えないおしゃれな空間
    (設計:丸谷博男&エーアンドエー)

店主 金原煌遺kanehara hiroyuki
〒194-0021 東京都町田市中町1-28-24大成ビル1F
電話・FAX042-724-5506

■ 開店時間
11:30~14:00、17:30~麺が売切れるまで
定休日/水曜日

    新メニューがぞくぞく誕生!
 「手打ちそば + 焼豚丼」 の2度おいしいセットもあります。